高校留学の勧めについて

  • 高校留学をするメリット

    • 昨今グローバル化が急速に進み、日本でも大学の長期休みを使ったり、社会人の海外研修などで多くの人が留学をするようになりました。そのように、留学が特別ではなくなった今注目されているのが高校留学です。

      高校生のうちに外国に語学を勉強しに行く高校生が今増えています。



      「大学生になったら留学すればいいか」と思う方も多いと思いますが、高校生のうちに留学するメリットは案外多いです。


      まず一つ目のメリットとしては、大学受験に役立つということです。


      高校留学する人が増えたと言ってもまだまだ全体的に見ると少ないです。


      ですので、高校留学をして外国語を勉強したということは他の人とは違う利点となるのです。

      共同通信社に関する問題解決をサポートいたします。

      ただ、このような利点が役に経つのは推薦入試やAO入試などの人格を重視する入試だけですので、そこは注意してください。

      しかし、学力を重視しないということは例えば留年せずに1年間留学してAO入試で大学に合格するということも可能であるということです。二つ目のメリットは、留学支援体制が整っているという点です。
      高校生の留学を支援する団体もあり、留学する高校生への奨学金制度も整っていますので、以前に比べ留学しやすくなっています。


      また、大学と違って留年したから単位を取るのが大変になったということもなく、留年するか同じ学年のままかは選択できます。



      ただし、同じ学年のままだと留学していた時の分の勉強を取り戻さねばならないので大変にはなります。

      しかし、最近は公立の学校でも国際系の学科を設置し始めた高校が多いため、その点のフォローも国際系の学科がある学校では充実しているのではないかと思います。他にも様々な高校留学のメリットがありますので、興味のある方はぜひ調べてみてはいかがでしょうか。